海外旅行

タイ国際航空 ロイヤルシルククラス エアバス&ボーイング両方を体験

ビジネスクラス
ボーイング747-400

FullSizeRender
3つのカテゴリー

・ロイヤルファーストクラス
・ロイヤルシルククラス(ビジネスクラス)
・エコノミークラス

ビジネスクラスであるロイヤルシルククラスのレビューです。

座席に着くとすぐにシャンパンが配られます♡

今回のルート

関空→プーケット
①関空ーバンコク B747-400 5時間50分
②バンコクープーケット A330 1時間20分

関空からバンコクへ2階建てのジャンボジェットのボーイング、バンコクからプーケットへは新しい機体のエアバスです。
両方乗ってみたかった機体ですので一度で二種類楽しめるなんてラッキー♡


↑こちらがボーイング(B747-400)の2階席のロイヤルシルククラスの座席です。

2階は全席ロイヤルシルククラスしかなく座席数は26席。
1階には14席あります。

FullSizeRenderフルフラットではなく163°のリクライニングシート。
サイドに荷物入れがあるのが便利でしたが機体は結構古かったです。


タイ航空はパープルやピンクでかわいい色合いです。

 

エアバスのビジネスクラス

FullSizeRender
続いてはバンコク→プーケットへ乗り継ぎのA330。
1-2-1の配置ですので窓際の席ですとだいぶプライバシーが守られる感じです。

FullSizeRender
180度のフルフラット&大型テレビモニターの下に足を延ばせるような作りになっていました。
小柄な方は十分寝転がれますが、高身長の方には狭いかもしれません。

FullSizeRender
新しい機体なだけあってとてもキレイ!
相手との距離が近いカップルシート的なシートとテーブルを挟むシートが交互にあります。

FullSizeRender
カップルシートはだいぶ距離が近いですので知り合い以外と座ることになるとキツイかもです。苦笑
(お写真は公式HPよりお借りしました。)

機内食はどんな感じ?

FullSizeRender
タイ料理、洋食、和食から選べます。
行きも帰りもタイ料理に♡

・鶏ひき肉のスパイシーサラダ
・豆腐と肉団子入りクリアスープ
・ローストダックのレッドカレー
・アスパラのガーリック炒め
・ジャスミン米

FullSizeRender
デザートはタイティーアイスクリーム 三色ココナッツゼリー添え
カラフルでかわいい♡

プーケット国際空港
ロイヤルオーキッドラウンジ

FullSizeRender
2017年8月に訪問時のプーケット空港のラウンジは、出発ゲートの近くの場所の一部を区切ってこのような軽食やビールを置いてあるだけでした。
外から丸見えですし特別感は一切ありません。

2017年9月に新ロイヤルオーキッドラウンジが誕生したそうです!

ベストエコノミークラスに選出!


タイ国際空港のエコノミークラスは2017年と2018年のベストエコノミークラスに選ばれています。

日本からバンコクへは大体このカラフルシートです。


バンコクから関空へは初めて赤色のシートにも乗りました。

タイ航空はエコノミークラスの機内食もナンバーワンに選出!

機内食がおいしいと評判のタイ航空。
何度か搭乗しているのでその時の機内食のお写真もどうぞ♡




ビジネスクラスのお食事は言うまでもなくおいしかったですがエコノミークラスも負けてないのがタイ航空の魅力♡

タイ航空は関空から1日2便運航しているので、時間をうまく調節すれば乗りたい機体に乗れます。
ボーイングは結構古いので…エアバス狙いで日程調整するのがオススメです。

やっぱり飛行機は最新・キレイな機体がいいな~♡

ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス 関空ーバリ島 5スターエアラインの ガルーダインドネシア航空 バリ島へは関空から直行便の出ているガルーダインドネシア航空のビジネス...
LCCエアアジアX プレミアムフラットベット 関空ークアラルンプール線 LCC界のビジネスクラス エアアジアXに搭乗 ゴールデンウイークということもありお高いビジネスクラス。 どうしよう...
ユナイテッドポラリスラウンジ @サンフランシスコ国際空港 ビジネス/ファーストクラス 専用のクラブラウンジ 2018年4月に世界で2番目にオープンしたサンフランシスコ国際空港...