バリ島

憧れのアマンリゾート バリ島アマンキラ 3段インフィニティプール オーシャンスイートルーム

次の旅行を考えた時に私の頭の中にあったのは「アマンに泊まれる国!」
そして目的地に選んだインドネシア バリ島。
バリ島にはたくさんのラグジュアリーホテルがあり、あのホテルもこのホテルもあっちのホテルも…全部泊まってみたい。そんな贅沢すぎるリゾート地です。
なんとインドネシアには5つものアマンが。その内、バリ島には3つ。
それぞれコンセプトが違うようで、どこにしようかとすごく悩まされました。
贅沢すぎる悩みだよ、アマン様…。泣
悩みに悩んで、選んだのがこの景色。

IMG_5320
これです!これ!この3段プール!

 

IMG_5324

海とプールの一体型。
これが見たくて、アマンキラ滞在を決めました。

IMG_6011
他にも、プーケットのアマンプリに次いで2番目のアマンリゾートとして誕生した、ウブド地区の森に包まれたアマンダリや…

FullSizeRenderヌサドゥア地区にあるアマヌサ

アマヌサは2018年2月末に閉業となりましたが、別名称で今後もアマンが営業していくそうです。1ベッドルームは現在工事中で、3ベッドルーム以上の広めのヴィラは宿泊が可能です。

(お写真は公式インスタグラムよりお借りしました。)

どこも捨てがたくて一泊ずつしようかなぁなんて悩んだりしましたが、一泊ずつではホテルの良さがわからないと思いアマンキラにしました。

さてさてエアアジアのプレミアムフラットクラスに搭乗してバリ島のングラライ国際空港に到着。
クアラルンプールからバリまでは3時間ほどでした。

2013年にリニューアルされたようで空港がとっても綺麗になっていました。

飛行機から降りるや否や、AMANのネームプレートを持ったコンシェルジュが。飛行機から出てすぐの場所までお迎えにきてくださるなんて!


(このVIPアライバルエスコートサービスは1人につき$30 + 21%taxでお願いできます。混雑する入国審査もスイスイ、飛行機に降り立った瞬間からアマンマジックだ!と、皆様のブログを拝見しておりましたのでお願いしましたが、全然混んでなくて正直いらなかったな~と。笑)

 

FullSizeRender

入国審査を済ませアマンのお迎えの車に乗ると、冷たいおしぼりとキンキンに冷えたビールが。
このホスピタリティに初めから心を鷲掴みに♡

FullSizeRender

車内にWifiも完備。ふかふかの枕とクッキーもありました。

空港から1時間半かけてアマンキラのあるチャンディダサ地区に到着。

FullSizeRender
こじんまりとした風通しの良いロビー。

FullSizeRender
チェックインを済ませヴィラまで案内してもらいます。
アマンキラは比較的小さめですので、バギーは必要なく歩いてリゾート内を回れます。

FullSizeRender
ワクワクしながら長い階段を上ります。

今回宿泊するのはオーシャンスイートルーム
広さは94平米。

IMG_5079
FullSizeRender
左のデイベットの上に置かれていたこちら。
魚の形をした靴ベラ入れかな?なーんて思っていましたがDo not disturbの置物です。

IMG_5077
オーシャンビューなはずなのに海はあまり見えないぞ、と思いつつ。笑
見渡してみると他のヴィラの屋根がちょこっと見えるくらい。

プライバシーをとても大切にされているアマンリゾートでは、プールやレストラン以外で宿泊客と出くわすことはあまりありません。すごい造り。

 

FullSizeRender
お部屋に入るとすぐにベット。

FullSizeRender
向かいにはソファー。世界中のアマンリゾートの写真集にしばし見入ってしまいました。

 

FullSizeRender
FullSizeRender

シンクは2つ向かい合わせであります。

 

FullSizeRender
ミニバーの上にはコーヒーマシーンやクッキーもありました。

 

FullSizeRender
なが~いバスタブ。バスソルトがとってもいい香り~。

 

FullSizeRender
真横にシャワールーム。上から降ってくるタイプのシャワーもありました。

心配していた蚊も湿気もなく快適でした。夜は木製の扉が締められていて真っ暗で、朝が来たのもわからないほど。バリ風の草葺屋根の温かみが心地よくてリラックスできるお部屋でした。

IMG_5081
テラスに咲いてあったお花。バリっぽくて癒される~。