★ミシュラン1つ星

ザ セントレジス シンガポールにて銀座の名店のお寿司を Shinji by Kanesaka

シンガポール旅行記です。

しばらく東南アジアの食べ物を食べていると恋しくなってくる和食。
そろそろ焼肉が食べたいな~とか、お寿司が食べたいな~なんて呟いているとふと思ったのが「もしかしたらシンガポールに日本食の美味しいお店があるかも!」と、検索したらさっそく出てきました♡

Shinji by Kanesaka 

FullSizeRender
かの有名なミシュラン一つ星を獲得している
銀座 鮨かねさかのシンガポール支店です。

シンガポール内には2店舗あるようで、ラッフルズホテルから移転されて今はカールトンホテル内で営業されている店舗と、今回お伺いしたザ セントレジス シンガポール店です。

FullSizeRender
ザ セントレジス シンガポールも5つ星のラグジュアリーホテル。
ウエスティンやシェラトン、Wホテルなどなど数々のラグジュアリーホテルを展開しているスターウッドグループ(SPG)の最高峰がこちらのザ セントレジス シンガポール

 

FullSizeRender
美術品やシャンデリアが並ぶロビー。高級感ありすぎです。
さっき別のホテルにチェックインしたばかりなのに、「あぁ、ここに泊まりたい♡」と一瞬で心を奪われました←単純。笑

 

FullSizeRender

ゴージャスすぎる…♡

FullSizeRender
週4回も東京の築地からお魚を空輸するそうなので、コースは日本よりかなりお高めです。

銀座のかねさかさんも中々予約が取れないのに、シンガポールで同じお寿司が頂けるなんて…

今回はChef’s Special($500)をお願いしました。

FullSizeRender
最初に登場した一皿。
ホタルイカ、あん肝、鯛の子…最初から飛ばしますね。絶品です
シンガポールで大好きなあん肝が食べられるなんて思ってもいませんでした。涙

 

FullSizeRender
シンガポール版ミシュランガイドでも一つ星を獲得しているだけあって、盛り付けもオシャレ。

 

FullSizeRender
お刺身にとり貝も。ここ、日本じゃないの?って思ってしまうほど美味しい。。。

 

FullSizeRender
毛ガニ、ウニ、イクラ、キャビア、金粉のせ。
外国人のお客様も喜びそうなゴージャス盛りです。

 

FullSizeRender
6時間煮込んだアワビのお吸い物。東南アジアでは濃い~ソース系ばっかり食べていたので、こういうお出汁の味にほっこり。

FullSizeRender
のどぐろの焼き物。

 

FullSizeRender
ここからは握りがスタート。

 

FullSizeRender
FullSizeRender

FullSizeRender
漬けのマグロ。

 

FullSizeRender
トロも。築地から空輸されたマグロ、最高級です。

 

FullSizeRender
FullSizeRender

FullSizeRender
大将「痛風丼です。」
ほんとですね、なかなかのメンバーが揃っています。笑

 

FullSizeRender
蒸し穴子を頂いてフィニッシュ。
シャリが小さめだったのでペロリと完食。

 

FullSizeRender
デザートは高級マンゴーとメロンに苺。

最後まで抜かりのないフルコースに大満足でした。

シンガポールは酒税も高いため、日本酒は十四代が一合3万円!

ハイボールは一杯$50とかなり高かったです。ワインやシャンパンボトルを持ち込んでいるお客様が多かったので、大将にお尋ねすると1本$50で持ち込みが可能だそう。

 

FullSizeRender

ロビーのお花。とってもエレガント♡

お寿司にもホテルにも感動したシンガポール初日。

また食べたい&次はこのホテルにも泊まってみたいと思いながら幸せなひとときを過ごせました。