東京 グルメ

女性ウケ間違いなし 恵比寿 鮨くりや川

東京ではお寿司ざんまいでした。一日目→個室でお寿司が楽しめる 中目黒 鮨つきうだ
翌日は別の友人とのお食事でお店はお任せしていたのですが、直前だったため☆付きのお店はおさえられなかったけど隠れた名店があるよ~と恵比寿にある鮨 くりや川さんへ。

東京でお寿司なら何日連続でも平気です!本当にたくさんのお店があるのですね。

FullSizeRender
カウンター席に座って、さて。と思っていたらマグロの握りが!北海道の中トロです。

 

FullSizeRender
帆立とトマトのムース仕立て雲丹のあんかけ。

 

FullSizeRender
炙ったボタン海老。

 

FullSizeRender
すずきの握り。白身は白いシャリです。

 

FullSizeRender
千葉 銚子の金目鯛。こちらは赤酢のシャリです。

 

FullSizeRender
こちらのガリがとってもタイプでした♡

 

FullSizeRender
平貝の磯辺焼き。自家製チーズと七味ソースと共に。このチーズがとてもよく合って◎でした。

 

FullSizeRender
ハンバーグ?つくね?に見えますが、鰯の杉板焼きでした。お寿司屋さんでこういった変化球は嬉しい~!

FullSizeRender
鮑とフカヒレのお寿司。中は鮑の肝ごはんです。(これもヨダレもの…涙)

 

FullSizeRender
ここまででもう充分なほど豪華な食材をいただいた~と、思っていたのですが…高級魚のシンコの握りが。
シンココハダ→コノシロになる出世魚。普通は大きくなるにつれて高価になりますが、シンコに関しては例外で逆のようです。なんと1kgで8万円もしたそう!1貫で出すなら5000円以上は取らなきゃです~と大将がおっしゃっていました。なのに職人泣かせの手間のかかる仕込みが必要なそうで…。
そんなことをお聞きしたら食べられないじゃないですか。。(数秒後には姿を消していましたけどね。)

 

FullSizeRender
シンコを堪能した後にコハダ。

 

FullSizeRender
利尻の雲丹です。

 

FullSizeRender
鮎の焼き物。手前にちょこんとあるのは、鮎の内臓を焼いて水を混ぜたものなのですが独特の苦みがあってこれだけで日本酒が進みました~。

 

FullSizeRender
一般的にはクエですが、九州ではアラと呼ばれるいう高級魚。関東では手に入りにくいみたいですよ~。

 

FullSizeRender
中トロアゲイン。

 

FullSizeRender
大トロです。国産マグロにこだわっていると、夏の脂が乗っていない時期にいいマグロを手に入れるのが困難で、1年中お魚屋さんとお付き合いしていないと売っていただけないそうです。

FullSizeRender
北海道仙鳳趾の牡蠣。

 

FullSizeRender
車海老の握り

 

FullSizeRender
蒸し穴子で終了です。

 

FullSizeRender
赤出汁も飲んでほっこり。落ち着きます。

 

FullSizeRender
デザートはビーツのチーズケーキ。もう…デザートまでおいしくて。。この大人の味のチーズケーキ、ぜひ赤ワインと一緒にいただきたいです!

 

ムース仕立てだったり、チーズが挟まっていたり、一品はフレンチっぽくアレンジしたものも多くて、女性は特に大喜びのコースでした。食材も素晴らしいものばかりでしたので、もちろんお寿司も楽しめました。お魚によってシャリを変えるのもよかったなぁ。またお伺いしたいです!