人気記事

世界中のセレブを虜にするプーケット トリサラ

FullSizeRender
今まで行った中で1番のホテルはどこかなと考えると、間違いなくここ。プーケットのトリサラ。
ブログのヘッダーもトリサラの写真です!

 

FullSizeRender
2017年に訪れた時に一瞬で恋に落ちたのですが、思いが強すぎてやっとブログを書くことができました!
(書こうと思ってトリサラについて検索すると色んな記事に見入ってしまい作業が全く進まなくなるというパターンの繰り返し。笑)

 

FullSizeRender
世界には素敵なホテルがたくさんあるので、他のホテルに滞在したいとも思いますが…トリサラだけは絶対にもう一度泊まりたいホテル。

FullSizeRender

プーケットはアマンがスタートした場所であり、アマン第一号であるかの有名なアマンプリもあります。

アマンの創立者エイドリアン ゼッカにヘッドハンティングされたアンソニー ラークは、アマン初代のGMとなりアマンプリやその他のアマンリゾート(バリのアマンダリ、アマンキラ、アマヌサ)を手掛けていきました。

(アマンキラのブログ→憧れのアマンリゾート バリ島アマンキラ 3段インフィニティプール オーシャンスイートルーム

FullSizeRender
その後アマンを離れ、アンソニー自身が作りたかったリゾートを創り上げたのがトリサラです。

サンスクリット語で「3番目の天国にある庭」を意味する ‘TRISARA’

私も愛してやまないトリサラ。
相当鼻息は荒くなっておりますが←笑
お部屋の紹介からスタートします♡

FullSizeRender
関空からバンコク経由でプーケットへ。朝日本を出発してプーケットには夜に到着。

(飛行機のブログはこちら→タイ航空 ロイヤルシルククラス エアバス&ボーイング両方を体験

トリサラのお迎えの車に乗り15分程度でホテルに到着。1日がかりのフライトに疲れていたので近くてよかった~。

 

FullSizeRender
FullSizeRender
木の温かみのあるロビー。

 

FullSizeRender
お花がとっても素敵♡

 

 

FullSizeRender 南国ならではのお花って癒しですよね♡

 

FullSizeRender
さてさてお部屋へ向かいます。

 

FullSizeRender
ジャングルのような道の奥に各部屋があります。
この時点からプライベート感がすごい!

FullSizeRender
ちらほら屋根が見えるのが客室で、他のゲストが見えることはありません。

創立者のアンソニーが最も大切にするのがプライバシー。完璧なプライバシーと体験こそが最高のラグジュアリーと考えているそうです。

 

FullSizeRender
入口からお部屋に入るまでの道を抜けると…

FullSizeRender
プライベートプールとプーケットの青い海が広がります♡

FullSizeRender
オーシャンビュー プルジュニアースイート
135平米、キングサイズベッド、プライベートプール付きのお部屋です。

 

FullSizeRender

お部屋の扉を開くとベッド、その奥にバスタブ。

 

FullSizeRender
光の差し込むシャワールーム。

 

FullSizeRender
両サイドにシンクがありました。

 

FullSizeRender
お部屋にはデスクもあります。

FullSizeRender
ドライフルーツなどトリサラブランドのものが♡

 

FullSizeRender
フルーツは毎日違うものが置かれていました♡
横にあるクッキーもおいしかったです。

 

FullSizeRender
外にもシャワーがあるのでプールで遊んでシャワーを浴びて、デイベッドでまったり。最高♡

FullSizeRender
こんな感じでゆっくりと5日間もプライベート時間を存分に楽しみましたので、ホテル内についてのブログもぼちぼち書いていきますね♡