神戸 グルメ

丸安でしか食べられない絶品のふぐ料理

ふぐ料理日本一
ふぐ 丸安

FullSizeRender
むふふふふ。これ、ふぐです。
自然と笑みがこぼれてしまうこの厚みのてっさ。
(↑2016年訪問時のてっさ様。)

年に一度のお楽しみとして通い始めて5年…。

今年も先日お伺いしたところなのですが!
2020年よりお写真がNGになりましたΣ(゚д゚lll)
ですので過去のお写真を使用したブログになります。

てっさ日本一!これ以上のお店はない! ふぐ丸安年に一度の超お楽しみな日♡ 今年はクリスマスに伺いました。 クリスマスにフレンチやローストチキンではなくふぐ!しあわせ~♡ ...

FullSizeRender
場所は甲子園の住宅街にあり、一見お店かどうかわかりませんがここが入り口。アクセスしづらくても毎年常連さん達が訪れます。

FullSizeRender
そう、全国の食通さんがこのふぐを食べるためにわざわざ訪れるほどのすごいお店なのです。

FullSizeRender
ふぐの湯引きサラダ。
この湯引きから感動開始です。

FullSizeRender
日本一のふぐ料理が運ばれてきました~!

アンリーナ
アンリーナ
丸安のふぐはいつも5~6kgの超ビッグサイズ。
10年ほど生きているんだって!

2名でこのサイズですので人数が多ければもう少し大きくなるのかな。

FullSizeRender
アンリーナ
アンリーナ
この年のふぐは6.4kg!
丸安のふぐは薄ピンク♡

弾力がとにかくすごい。顎が疲れてくるほどすごいです。笑

FullSizeRender
周りにちょこちょこと並ぶお料理も全てふぐ料理です。
煮凝り、カラスミが乗ったふぐ、雲丹が乗ったお寿司、白子巻き。

FullSizeRender
ふぐ皮、ふぐの明太子あえ、ふぐの酒盗。
あと3つほどあるのですが…お写真がないのはなぜ!泣
(めっちゃぶれてるし、あの年の自分に取り直してこいと言いたい。)

FullSizeRender
焼きふぐは3種類。左から、身皮、さえずり、とおとうみ。
丸安の焼きふぐも日本一と言う方も多いです。

FullSizeRender
FullSizeRender
さえずりはふぐの喉の部位でこのプリっと硬い触感がたまらなくおいしいのです。
あなた、本当にふぐですか?(*_*)♡

FullSizeRender
白子は醤油と塩焼き両方♡

FullSizeRender
明確な時期はわかりませんが、私の場合12月末~2月末に訪問した際は白子が出てきました!
今年は11月末でしたのでなかったです~。

FullSizeRender
そしてふぐの唐揚げ♡ これも間違いなく日本一!
サクサクの衣と中身はプルンプルンなのにブラックペッパーが効いたアクセントがヤミツキ♡
(もう全部日本一って言っちゃってる。ホリエモンも絶賛してたヨ。)

FullSizeRender
最後にてっちり。この時点でいつも満腹すぎてこの厚い身のふぐだけなんとか食べます。←贅沢。

FullSizeRender
一旦お鍋を引いて、てっちりのお出汁で雑炊を作って持ってきてくださいます。
お出汁は最後にお土産として瓶に入れて渡されますよ~。

FullSizeRender
デザートは抹茶アイス。

 

満足!大満足!この言葉しか思いつかない、丸安のふぐのフルコース。

最初から最後まで毎年全て同じ料理で、何一つ変わることがないのに毎年常連さんたちが通うのは変わらない丸安の上質なふぐと素敵なおもてなしがあるからだと思います。

予約はいっぱいで年々取りにくくなってきているのも事実。
(予約方法も月初めの電話予約のみに変わりました。)

日本一を連呼したふぐ料理ですが納得してくださる方も多いと思います!

てっさ日本一!これ以上のお店はない! ふぐ丸安年に一度の超お楽しみな日♡ 今年はクリスマスに伺いました。 クリスマスにフレンチやローストチキンではなくふぐ!しあわせ~♡ ...